ハウステンボス

ハウステンボスのイルミネーション2017期間と見どころ、チケットは?

投稿日:2017年10月18日        


ハウステンボスのイルミネーションは秋から翌年の春までのイベントの中でも日本一を誇るといっても過言ではないでしょう。
夕方から入園してもその魅力を最大限に満喫するための見どころの数々や最適なチケットはどれを購入したらよいのか?などを調べてみました。

スポンサーリンク

ハステンボスのイルミネーション光の王国2017はいつ?

ハウステンボスは、一年中イルミネーションが楽しめて、今ではイルミネーションと言えばハウステンボス、といってもいいくらい、イルミネーションでは有名になってきましたよね。
1年中を通してイルミネーションのイベントを行っていますが、特に秋から翌春にかけてはクリスマス、カウントダウン。バレンタインデーなどのイベントと共に特にイルミネーションへ力を入れているようです。

2017年秋から2018年春にかけてのイルミネーションの期間は2017年10月28(土)にプレオープン、2018年5月6(日)までおなっています。
なんと、世界最大1300万個のイルミネーションで光り輝くようです。
2013年から4年連続で「全国イルミネーションランキング 総合エンターテインメント部門」で1位を受賞しているのもうなずけますね。

ハウステンボスの敷地はヨーロッパをテーマにオランダの街並みを再現しています。
その広さは、なんと東京ディズニーリゾートの1.5倍!!

この敷地がイルミネーションで埋め尽くされるのですから、かなりの見ごたえがあるのは間違いないようです。
「光の王国」と名付けられたのも納得できることでしょう。

ハウステンボスのイルミネーションを回るにはどのくらいの時間が必要?
見どころは?

ハステンボスの敷地の広さから、隅から隅まで散策し、アトラクションも楽しむのなら3日でも足りない、と言われています。
しかし、夜のイルミネーションを見るためにいくのなら、その楽しみ方があるようです。
イルミネーションだけを見るのに早足でまわって、1時間くらい、ゆっくりと見て回ると2時間は軽くかかるようです。
しかし、イルミネーションだけではなく、3Dプロジェクションマッピングや光のパレードなども見て回ることを考えると最低でも3時間は必要なようです。
これには、アトラクション搭乗時間や待ち時間、途中での食事時間などは入っていません。
ですので、軽く見積もっても3時間はかかると考えていたほうが良いようです。

それでは、見どころをご紹介しますね

レインボーフラワーガーデン

イルミネーションの花畑。
ハウステンボスに入園して、まず最初に目にするのがこのレインボーフラワーガーデン。
虹色にライトアップされた花畑と光り輝く風車が楽しめます。
光の天空カフェ
11月3日にオープンする光の中の天空に浮かんだような感覚になれるカフェ。
光の中で過ごす寛ぎのひととき、ガラス製の床から真下に広がる光の世界を眺めることができる。

光の動物園

イルミネーションで形作った動物が並ぶ。
キリン、ゾウ、パンダ、フラミンゴなどの動物がキラキラ光り、メルヘンの世界を作り出しています。

光の滝

スポンサーリンク

ハウステンボスのシンボルタワー「ドムトールン」から流れ落ちる“光の滝”
66mの高さから広大な光の海へと流れ込むブルーウェーブはまさに幻想的。
滝の裏はトンネルになっているので滝の内側などのいろんな角度から楽しむことができる。

アートガーデンにあるバー・ラウンジ光のアートガーデン カフェ&バーでは光る滝を眺めながら光るカクテルを飲むことができる。

光のアンブレラストリート

カラフルなアンブレラから降り注ぐ光を楽しむことができる

光のドラゴンロボット

アートガーデンに出現する世界最大のドラゴンロボット。
その大きさは高さ6.5m、全長13mにもなる。
ドラゴンが光り、動き回るり、炎を吐く!
背中の記念搭乗スペースには一部有料となるが乗ることも出来る。

光のパレード

その名の通り、光り輝くパレードです。
この手のテーマパークではハウステンボスだけ、来園者が参加することができます。
見ているだけでも楽しめますが、パレードに参加してみるのもまた楽しめるでしょう。
パレードへの参加は無料のものと有料のものがあり、年齢制限のあるものなどがあります。

光のトレイン

光の自転車と同じ場所・同じ時間に受付を行います
料金は無料です

エアホイール
(セグウェイに似た乗り物です)
講習を受ける必要があります
開園~17:50まで受け付け
18:00~18:25までレクチャー
18:30~19:10パレード参加
料金:2000円
受付場所:ワンダーホイール
年齢制限:20歳以上

光の自転車
18:00~ミューズホールで開催されるショーの間に受付を行います
またトレインの受付場所も同じです
料金1000円
定員:4名
必ず18歳以上の方1名の乗車が必要です

光と運河のクルーズ

運河が七色に輝く、光と噴水と音楽のショーを船になりながら楽しむことができます。

乗船:パスポート提示で400円、パスポートがない場合は一般800円

光と運河のクルーズの様子

3Dプロジェクションマッピング

夜の街に映し出される驚異の映像イリュージョン。
4大3Dプロジェクションマッピングが楽しめる。

 

おすすめのチケットプラン

お楽しみ盛りだくさんのハウステンボスの光の王国を楽しむなら、
午後5時から入場できる光の街アフター5パスポートがおすすめ

光の街アフター5パスポート(10/1~)

入場+約50のアトラクション施設利用+光の宮殿入館
※11/4を除く

[大人]4,900円
[中人]4,100円
[小人]3,200円
[シニア]4,400円

これに対し、アトラクションを利用せずに散策だけなら、
光のナイト散策チケットが少しだけだが料金が安くなっている

光のナイト散策チケット

入場のみタイプ
[大人]4,000円
[中人]3,000円
[小人]2,000円
[シニア]3,900円

しかし、光と運河のクルーズやトレインなどを利用しないのはもったいないので、一番お得に満喫するなら、アフター5パスコートがおすすめ。

秋~春にかけての夜は、イルミネーションを楽しみにハウステンボスへ出かけてみるのはいかがでしょう?

スポンサーリンク

-ハウステンボス
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスマスにハウステンボスでカップルでデートのおすすめプラン

スポンサーリンク クリスマスはカップルにとってロマンチックに過ごしたい日ですよね。 1万3000個の世界最大級のイルミネーション輝くハウステンボスでロマンチックな一日を過ごしに行きませんか? クリスマ …

ハウステンボスへ花火、赤ちゃん連れで行くのに便利なホテルは?

ハウステンボスで年に数回行われている人気のイベント花火大会へ家族旅行。 赤ちゃんがいると、人込みに連れていくのも?? と考えてしまいますよね。ハウステンボスに旅行を兼ねて花火を観に行くなら、ホテルの部 …

人気記事

まだデータがありません。