クリスマス 年間行事

クリスマスマーケット博多駅前広場の時期と時間、マグカップや食べ物は?

投稿日:2017年10月29日        


クリスマスマーケットは東京だけではない。様々な地域で開催さ入れている。
その中でも、福岡でのクリスマスマーケットは博多駅前と天神で開催されていてどちらも甲乙つけがたい。
今回は博多駅前広場のクリスマスマーケットについて紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスマーケット博多駅前広場の時期と時間は?

クリスマスマーケットといえば東京、日比谷公園のものが有名です。
ここ数年、地方都市にも広がっていて、様々な地域で開催さ入れている。
その中でも、福岡でのクリスマスマーケットは博多駅前と天神で開催されていてどちらも甲乙つけがたい。
今回は博多駅前広場のクリスマスマーケットについて紹介します。
福岡は同じ市内でも、博多と天神に2分される。
博多は、いわずもがなの博多駅前広場での開催です。
毎年11月になると博多駅前はきらびやかなイルミネーションで飾られる。
その中で開催されるのがクリスマスマーケット。
色とりどりのイルミネーションを楽しみながら、冬の寒さの中、ホットワインで体を温める、なんてかっこいいですよね。
では、開催される時期と時間ですが、ほぼ毎年12月初旬からクリスマスまでというのが決まりごとのようです。
時間は、平日は夕方5時くらいから、土日はお昼くらいから営業するのが通例のようです。
東京のクリスマスマーケットだと朝11時から開催されることが多いので、昼間、比較的人出が少ない時に出かけられますが、博多の場合はそうはいかないようですね。

スポンサーリンク

クリスマスマーケット博多のマグカップと食べ物は?

クリスマスマーケットならではのホットワインのマグカップは保証料を払わなければなりません。
マグカップを返せば保証料は返金になりますが、そのままお土産として持って帰ることができるシステムを本場ドイツと同じにしています。
このマグカップの絵柄は毎年変わって、その年だけの限定になりますので、記念に持って帰る人が多いですね。
飲み物と一緒に楽しみたいてべ物も、ドイツにちなんでソーセージ系が多くなっています。
特に、ぐるぐる巻きのソーセージはなかなか日本では食べることができないので、クリスマスマーケットに行ったら食べるべき一品です。

ぐるぐる巻きソーセージ以外にも

これは、一度は行かなければ!という感じですよね。

スポンサーリンク

-クリスマス, 年間行事
-, , , ,

執筆者:


  1. たくみん より:

    こんにちは  たくみん言います!
    クリスマスマーケットの情報を知りたくて読ませていただきました。
    参考になりました。ありがとうございます!

    • widerange より:

      たくみんさん
      コメントありがとうございます!      
      クリスマスマーケットの情報はお役に立てましたか?
      年々、にぎやかになっていくので毎年楽しみなイベントになってますよね。
      また、遊びに来てくださいね~♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスマスマーケット天神2017の日程と会場へのアクセスや入場料は?

スポンサーリンク いよいよ12月。 クリスマスマーケットも日本でも浸透してきましたね。 クリスマスマーケット天神も2017年11月30日より開催されます。 11月30日、初日に行ってきました! スポン …

七五三はいつお参り?数え年?満年齢?早生まれはいつ?

スポンサーリンク 子供が3歳になると七五三のお祝いをします。 小さい体で着物を着て千歳飴を持っている姿は本当に可愛らしいですよね。 さて、この七五三ですが、いつお参りに行くのがいいのでしょうか? また …

卒業式で袴を着る時の歩き方、椅子の座り方やトイレへ行く時のコツは?

卒業式で袴を着るというのは学生生活の区切りともなり、憧れですよね。 お気に入りの着物に袴を合わせてヘアセット、着付けも万全! そこで心配なのは、着付けが崩れないのか?着崩れしないための歩き方やいすの座 …

ひな人形を片付けるのはいつ?片付けるときに注意する点は何?

女の子の健やかな成長を願うひな人形。 春の桃の節句と一緒にひな祭りでお祝いしますよね。 ひな人形は早く飾るのはいいけれどひな祭りの日から片付けるのが後になるほど、嫁に行くのが遅くなる、という話聞いたこ …

七草がゆの意味や由来といつ食べる?栄養素とその効果は?

スポンサーリンク 1月7日は七草がゆを食べる日ですね。 今では、お正月明けの習慣として定着している行事の一つになっていますよね。 なぜ、1月7日に七草がゆを食べるのか?その意味や由来、そして、実際の栄 …