花見

舞鶴公園の花見で火気の利用料が無料の区域と注意すべきことはなに?

投稿日:2018年3月18日        


舞鶴公園で花見をするとき、できればバーベキューをしたいな、と思いますよね。
通常は火気厳禁の舞鶴公園も花見の時は、限られたエリアであればバーベキューをすることができます。
例年、西広場のみの許可で、業者を入れる場合は指定の業者のみが許されています。業者を入れるほど大掛かりじゃないけど、少人数でバーベキューや鍋を囲みたい、大きな機材は持ち込みたくない、という人には朗報です。
火の使用が認められている区域に限り、小規模で制御が容易な火気なら無料で使用できるようになりました。

スポンサーリンク

舞鶴公園で花見期間限定で無料で火気が使える区域とは

例年、バーベキューなどの火気を使える区域は西広場のみで利用料を支払って利用しなければなりませんでした。
しかし2018年より、火気が使える区域が広がり、西広場以外であれば、小規模で制御が容易な火気なら場所の利用料無しで使用が認められるようになりました。
その区域とはこちらの図になります。

この図の黄色に塗りつぶされている箇所になります。
この区域でしたら、西広場のように利用料を支払わずに決められた範囲での火気を使用することができます。

小規模で制御が容易な火気ってどんなもの?

小規模で制御が容易な火気が具体的にどんなものかというと

・カセットコンロ
・キャンプ用ガスコンロ
・小型家庭用発電機

といったものが主なものになります。
ひとつづつ見ていきましょう
・カセットコンロ

特に夜桜を楽しもうとすると、小型家庭用発電機があったほうが明るくて便利ですよね。

卓上コンロと呼ぶ場合もありますよね。
燃料はスプレー缶みたいな容器に入っていて、中身がなくなると交換して使いというものになります。

・キャンプ用ガスコンロ

これも燃料はカセットボンベですが、2口ついていたりするので、お湯を沸かすこと同時に他の調理もできてしまうのでとっても便利ですよね。

・小型家庭用発電機

屋台の明かりやライトアップがあっても、やはり、花見をする側は夜ともなるとまだまだ寒いです。
せっかく集まって花見をするのだし、食事も楽しみたいし・・・

それなのに、暗くて手元がよく見えない!という方のための発電機です。自家発電をするので、エリアの範囲内であれば、他の人が行かないような場所はどうしても暗くなりがちなので、場所取りをしたら、自家発電があれば、手元など明るく照らしてくれます。

スポンサーリンク

発電機の利用について

カセットコンロなどの調理器具に関しては常識の範囲内で、黄色く色がついているところで使用するようにしましょう。
ただし、発電機に関しては「桜園」以外の「火気の使用を認めている区域」での使用となりますので注意が必要です。

 

まとめ

小規模であれば火気使用が認められている区域がありますので、決められた範囲の機材を使い、楽しいお花見にしてくださいね♪

スポンサーリンク

-花見

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花見に赤ちゃんを連れて行くときの持ち物や注意点、日焼け止め必須!

スポンサーリンク 温かくなって桜が咲き始めると、今まで家の中ばかりだったママも赤ちゃんも外にお出かけしてみようかな、と思っちゃいますよね。 満開の桜を赤ちゃんにも見せてあげたい、自然の中でゆったり過ご …

花見の意味と由来はなに?桜は種類で咲く時期がちがう

スポンサーリンク 「花見」といえば、真っ先に思いつくのは春の桜の花。満開の桜は本当にきれいですよね。桜を見ながら食事をするというのは日本ならではの習慣です。 この「お花見」という習慣は、いつくらいから …

福岡で桜の名所西公園と舞鶴公園どちらも見るのに便利な駐車場はここ!

福岡市内で桜の花見の名所はいくつもありますが、おすすめなのは西公園と舞鶴公園です。 この二つの公園は割と近くにあるので、時間を上手に使えば一日で二か所の桜を楽しむことができます。 車で行く場合、駐車場 …

福岡城のさくらまつり2018の日程と屋台や駐車場情報。花見の穴場は?

スポンサーリンク 福岡の桜の名所の一つ福岡城舞鶴公園。かつて福岡城が建っていた場所に植えてある約1000本の桜が春になると咲き乱れ、多くの人が花見に訪れます。 この桜の時期に舞鶴公園を中心に「さくらま …

舞鶴公園(福岡)で花見をするときにバーベキューが手ぶらでできる!

舞鶴公園で花見をする際にせっかくならバーベキューをしたいと思っている人に 機材や食材を準備するのが大変ですよね。 バーベキュー専門の業者を利用すると、機材もレンタルできて、セッティングもしてくれるし、 …