暮らし 未分類

ペットのお葬式はどうするべき?費用や時間などどれくらいかかるの?

投稿日:2018年5月5日        



ペットを飼っている人にとって、考えたくはないけれどいつかはやってくるお別れの時。飼い主として、最後まできちんと送ってあげることも大事な責任。その時に慌てなくてもよいようにペットのお葬式や費用、時間などをまとめました。

スポンサーリンク

ペットのお葬式はどうしたらいい?

ペットとのお別れの時が来た時に、遺体をどうしたらいいのか?お葬式はどうしたらいいのでしょうか?
まず、方法は3つ

1、飼い主が、自分の所有している土地(持家の庭など)に深く穴を掘って埋葬する

2、飼い主が、住んでいる市町村の担当窓口へ焼却を依頼する

3、飼い主が、民間事業者へ埋葬や火葬、お葬式の依頼をする

1の場合は、自宅があって、庭を所有している場合に限られます。
「動物の死体」は、廃棄物処理法第2条第1項で「廃棄物」の扱いとなりますので、庭に埋葬しても法律上は全く問題はありません。
しかし、あくまでも飼い主が所有している土地に埋葬する場合であって、所有外の土地や公園などに埋葬することは違法ですので、絶対にやってはいけません。

2は各市町村によって窓口や処分の仕方、費用などが違うので、役所に問い合わせてみましょう。
ただし、「廃棄物」の扱いとなりますので、返骨してもらえない場合があります。
費用はかなり抑えられますが、家族の一員として可愛がってきたペットなら、「廃棄物」として処理されるのは納得いかない人も多いでしょう。

スポンサーリンク

住宅事情で庭がない、ペットとはいっても家族の一員だったからきちんとお葬式を出してあげた、ということから3を選択する人が増えています。

今はペット専用の葬祭業社がありますので、そこでお葬式を依頼すると、返骨もしてくれて、手厚く葬ってくれます。

ペットのお葬式費用はどれくらいかかるの?

ペット専用の葬儀社にお葬式を依頼する場合、気になるのは費用ですね。
ペットの葬儀に関しては特に法律があるわけではないので、費用も方法も各葬儀社でかなりばらつきがあります。
ただ、大体の目安、というものがありますので記載しておきます。

体重 金額 種類
0kg ~ 1kg 1万 ~ 2万 ハムスター、小鳥等
1kg ~ 5kg 1.5万 ~ 2.5万 フェレット、モルモット、猫、小型犬等
5kg ~ 20kg 2万 ~ 4万 中型犬等
20kg ~ 40kg 3.5万 ~ 6万 大型犬
40kg ~ 60kg 5万 ~ 10万 超大型犬

ほとんどの業者が体重によって費用が変わってくるようです。

これに加えて、オプションなどが加算されるとプラス料金となります。
オプションは、お花だったり、位牌やお墓といったことをどうするのか?ということになります。

ペットのお葬式の時間は?

家族の一員として可愛がってきたペットとの別れのお葬式
じっくり時間を使ってお別れを惜しみたいところだとは思いますが、ペットのお葬式にはまだまだ世間は冷たいものです。
ペットのお葬式の為に仕事の都合をつけるとしたら、どのくらい時間を考えたらよいのでしょう。
火葬時間は、ペットの大きさや体重によって変わってきます。
依頼する業者の設備によっても変わってくる事にはなりますが、大体の目安としては

種類と所要時間
ハムスターなど小動物 30分前後
猫やチワワなど3キロ前後 50分前後
7キロから15キロくらいのペット 1時間〜1時間15分
15キロから25キロくらいのペット 1時間半強
25キロ以上のペット 2時間〜3時間前後

上記は火葬のみにかかる時間なので、返骨してもらう時間や移動時間なども加味して時間を作る必要があります。

まとめ

大事な家族の一員として生活していたペットとの別れは、いつかやってくるものです。
ペットを飼う人が増える一方で、そこに付け込んだ悪徳業者も中にはいるようですので、悲しみに落ち込んでいるときよりも、あらかじめ住んでいるところの近くの業者を調べることをおすすめします。
飼い主として、家族の一員であるペットの最後まできちんと見送ってあげることを考えたいものですね。

スポンサーリンク

-暮らし, 未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

梅雨の布団ダニ対策におすすめの予防スプレーとダニ取りシートの使い方は?

暖かくなってきて梅雨の時期が近づくと、そろそろ気になってくるのがダニですよね。 ダニは「刺す」ということもありますが、アレルギーの原因になることも多いので、できるだけ対策をしておきたいですよね。 やは …

大掃除、まずはチェックリストで場所や洗剤、道具のチェックから始めよう

スポンサーリンク 毎年、年末になると面倒でも気になるのが大掃除! 家の中を綺麗にするとさっぱりして気持ちよく新年を迎えられるのはわかっているけれど、どこから手を付けていいのか、いつくらいから始めたらい …

喪中はがきを受け取ったら返事は必要?時期はいつ?返事のマナーは?

スポンサーリンク 年賀状でしかお付き合いのない方から喪中はがきが届くことがあります。 時期としては11月から12月の中旬にかけてが最も多い時期でしょう。この喪中はがきに対して返事をする必要はあるのか? …

ひな人形を片付けるのはいつ?片付けるときに注意する点は何?

女の子の健やかな成長を願うひな人形。 春の桃の節句と一緒にひな祭りでお祝いしますよね。 ひな人形は早く飾るのはいいけれどひな祭りの日から片付けるのが後になるほど、嫁に行くのが遅くなる、という話聞いたこ …

小寒っていつでどういう意味?イベントや食べるものは何?

小寒とは二十四節気の中のひとつです。寒の入りとも言われていてこの日から冬の寒さが本格的に厳しくなる時期とされています。 小寒の時期は年明け早々なので、寒さが厳しくなる時期とはいえ、まだまだ松の内。お正 …