お正月 料理

お正月におせち以外の料理を食べるならどんなもの?

投稿日:2017年11月6日        


お正月と言えば定番料理のおせち料理。食材や献立に縁起を担いだもの、新年をお祝いするにふさわしい由来の食べ物なので、ぜひ食べるべきところではありますが、どこへいってもおせち料理でおもてなしされてはさすがに飽きてしまいますよね。
そこで、おせち以外でお正月に食べる料理や、せっかくなのでお正月を楽しむための料理などをまとめてみました。

スポンサーリンク

お正月におせち以外で食べるものは?

お正月におせち以外で食べるものと言えば、一番に思いつくのは「おもち」ですよね。
雑煮や焼きもち、きなこもちなど、もち料理もよく食べますね。
冷蔵庫などもなく、コンビニもない昔は、調理した後に保存がきく食べ物としておせち料理や餅にしてお正月を祝ったと考えられます。

今は冷蔵庫もあり、年中無休のコンビニがあるため、年末年始でもお店がオープンしていて、特に保存食を作らなくてもいつでも食べ物が手に入ります。
しかし、せっかくのお正月、いつものコンビニメニューではなく、少し贅沢な料理などを準備するのもいいかもしれませんね。

お正月におせち以外の料理で楽しみたい方へ

お正月におせち以外で楽しめる料理と言えば、やはり、この時期が旬の「蟹」でしょう。
年末に冷凍でお取り寄せし、年明け早々から蟹を食べる!というのもなかなかダイナミックでよいですよね。



いつもより少し高めのお肉を買って、すき焼き、というのもいいですよね。
初詣に行った後にお正月の番組を見ながら暖かいすき焼きを家族で囲むのもまたいつもと変わったお正月気分が味わえることでしょう。

 

スポンサーリンク

-お正月, , 料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バレンタインチョコを簡単に大量におしゃれに作れるお勧めレシピはこれ!

毎年のこととはいえ、バレンタイン直前になってくると、本命チョコだけでなく、義理チョコ、友チョコと大量のチョコレートをどうしようかと悩む女子も多い事でしょう。 定番のトリュフやチョコを型に流して固めたも …

七草がゆの意味や由来といつ食べる?栄養素とその効果は?

スポンサーリンク 1月7日は七草がゆを食べる日ですね。 今では、お正月明けの習慣として定着している行事の一つになっていますよね。 なぜ、1月7日に七草がゆを食べるのか?その意味や由来、そして、実際の栄 …

七草がゆでむくみや便秘の解消!七草がゆの美味しい作り方は炊飯器で!

1月7日に食べる七草がゆ。 実は女性にとって強い味方なんです。 むくみや便秘の解消などの効果がありますので、1月7日に限らず、積極的に朝食に取り入れることをお勧めします。 むくみや便秘が解消されればダ …

小寒っていつでどういう意味?イベントや食べるものは何?

小寒とは二十四節気の中のひとつです。寒の入りとも言われていてこの日から冬の寒さが本格的に厳しくなる時期とされています。 小寒の時期は年明け早々なので、寒さが厳しくなる時期とはいえ、まだまだ松の内。お正 …

初詣で授与されるお守りの意味と期限は?返すタイミングや返し方について

スポンサーリンク 初詣に神社に出かけたときに授与されるお守り。家内安全、交通安全、学業御守、安産祈願、健康御守、合格祈願等々その時々でのお守りがありますよね。 この御守のご利益はいつまでなのか、また返 …