卒業式

卒業式に袴を着る時に必要な物を画像付きで紹介します

投稿日:2018年3月6日        


卒業式に袴を着る時に、必要な物をそろえるときにチェックリストはあるけれど、どれがどんなものかわからない!家にあるものや振袖を着た時に使ったもので足りるの?もしなければ何をそろえたらいいの?そんな女子の為に袴を着る時に必要な物を画像付きで紹介します。

スポンサーリンク

袴を着る時に必要な物(袴・着物・帯・履物)

まず、絶対に必要な物は
・着物

・長襦袢

通常、袴を着る時は着物は2尺袖と言って振袖よりも袖が短めのものを着ます。
長襦袢は着物に合ったサイズのものを着ます。
長襦袢で気を付けなければならないことは、半襟を縫い付け忘れないようにすることです。

ただし、必ずしも2尺袖でなければならない、という決まりはありません
最近では振袖を合わせる人もいますので、成人式で着た振袖を合わせても大丈夫です。
その場合は長襦袢も振袖に合ったサイズのものを用意してください。

・袴
女性用は行燈(あんどん)袴と言って、筒状になっていてマキシ丈のロングスカートを着ているような感じになります。

 

・帯
半幅帯といって、いわゆる浴衣を着る時に結ぶ帯を指します。
袴を着る時は振袖に結んだ幅の広い帯は使えませんので注意が必要です。

・履物
草履かブーツ
どちらでも自分の好みで可

 

⇒卒業式の袴に草履?ブーツ?おすすめはどっち?メリットとデメリット

 

・和装用のバッグ
袴を着る時に大きめの洋服用のバッグなどはアンバランスです。ましてやリュックなどはもってのほかです。
お財布やスマホなど身の回りのものが入るくらいのわそうようのバッグを用意しましょう。

⇒卒業式で袴を着る時の鞄はどうする?注意点などをまとめました

 

袴を着る時に必要な物(下着関係)

袴を着る際に何が必要なものなのかわからないという人たちは、この下着関係のことを指していると思われます。
では、画像付きで説明していきますね。
・タオル
体型を着物が似合うように補正するために使います。
枚数は、個人個人の体型によって若干変わってきますが、フェイスタオルを4枚ほど持っていけば足りない、ということはまずないでしょう。

・肌襦袢、裾除け
いちばん最初に着る着物用の下着です。
汗を吸う役目をします。まだまだ寒い時期とはいえ、卒業式の会場は暖房が入っているので、汗をかきます。
もし持っていなければキャミソールなどでも構いませんが、後ろの襟が大きく開いているものにしないと着物の襟から見えてしまうということになってしまいますので注意が必要です。
本来は肌襦袢と裾除けが別々になっているものを着用しますが、繋がっているタイプのものやスリップタイプのものでもOKです。

 

 

 

 

・腰ひも
長襦袢・着物を着つける時に必ず必要です。
レンタルで丈を短めに合わせてある場合は2本あれば大丈夫ですが、振袖を着たり、丈を短くしていない着物の場合は4本必要です。
着物が短くしてあるのかどうかわからない場合は念のために4本準備しておきましょう。

 

・伊達締め
長襦袢・着物を腰ひもで止めた上からさらに着崩れしにくくするために使います。
着物の寸法によらず2本必要です。
素材は正絹のもの、ポリエステルのもの、ゴム状になっているものと種類があります。どれでも大丈夫ですが、おすすめは正絹のものです。しっかりと締まりますので、着崩れしにくさは一番です。

 

 

 

・襟芯
長襦袢の襟に入れて襟に張りを持たせます。
これがないと襟元がふにゃふにゃになってしまってせっかくの着物姿が台無しになってしまいます。
夏用の薄いものを持って来られる方がいますが、着物用のしっかりとしたものを準備した方がよいです。

・帯板
帯を締める際に使用します。
振袖の時のように前板と後板は必要ありません。
前板のみで大丈夫です。

・足袋
草履を履く場合は必ず必要です。
自分の足のサイズに合った足袋を準備しましょう。

袴を着る時にあると便利な物

⇒卒業式で袴を着る時の雨対策。袴や草履を雨から守るにはどうしたらいい?

 

・コーリンベルト
襟元を着崩れしにくく固定することができます。
今はほとんどの方が持ってきていますが、どうしてもない場合は、なくても気つけることができますので、絶対ではありません。

・重ね襟
伊達襟とも言います。
着物に合わせて襟もとに重ねて合わせます。
この襟があることで着物がより華やかになります。レンタルの着物の場合、着物の襟に最初から縫い付けてある場合があります。
自分の持っている着物を使う場合は、別に用意しなければなりません。
ただし、絶対に必要というわけではありません。
あれば、華やかになります、というものですので、なくても大丈夫です。

・和装用ブラジャー
通常、着物を着る時はブラは外します。
普通につける下着としてのブラは胸上に持ち上げ前に出るようにデザインされています。
着物を着る時はそれでは仕上がりが不格好になってしまい、胸が帯の上に乗るような形になってしまいます。
ブラを外すのが嫌な場合などは和装ブラを準備するといいでしょう。

まとめ

卒業式の袴を着るときに必要な物を写真付きで紹介しました。
着物専門店に行くとちょっと高価なものもネットで探せば案外お手頃価格で購入できたりしますし、あとあと着物を着る機会がある時に重宝しますのでこの機会にそろえておくことをお勧めします。

 

⇒卒業式の袴の着付けに必要な物はこれ!チェックリスト付き

スポンサーリンク

-卒業式
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

卒業式で袴を着る時の鞄はどうする?注意点などをまとめました

卒業式の為に選んだ着物と袴。新しい門出の為の卒業式で選びに選んで決めた着物と袴、という人多いことでしょう。 そこでふと気になるのは、袴を着る時に鞄やバッグはどうしたらいいの?ということではないでしょう …

卒業式の袴の着付けに必要な物はこれ!チェックリスト付き

スポンサーリンク 卒業式といえば袴を着るのが主流となっていますね。 制服がある中学・高校は着れなくても、専門学校や大学を卒業する方や卒業生を担任した先生、小学校の卒業式などでも袴を着る人増えていますよ …

卒業式の袴に草履?ブーツ?おすすめはどっち?メリットとデメリット

卒業式に袴を着る場合、履物は草履かブーツになります。このどちらかで迷っている人、多いのではないでしょうか? 卒業式の袴に草履を履くとき、ブーツを履くときのメリットとデメリットをまとめてみました。 スポ …

卒業式で袴を着る時の歩き方、椅子の座り方やトイレへ行く時のコツは?

卒業式で袴を着るというのは学生生活の区切りともなり、憧れですよね。 お気に入りの着物に袴を合わせてヘアセット、着付けも万全! そこで心配なのは、着付けが崩れないのか?着崩れしないための歩き方やいすの座 …

卒業式で袴を着る時の雨対策。袴や草履を雨から守るにはどうしたらいい?

卒業式で袴を着る予定なのに、どうやら雨が降るかもしれないとの予報が!支度で予約している美容院から卒業式の会場までの移動の間、傘を差すだけでは袴も着物も濡れてしまいます。履物が草履なら足元も濡れてしまう …

人気記事

まだデータがありません。