プール

札幌のていねプール2018年はいつからいつまで?行き方や料金は?

投稿日:2018年6月6日        



札幌のていねプールは、屋外プールのため、冬場は利用できません。夏場の一定期間だけの営業です。
2018年はいつからいつまでの営業なのか?行き方や利用料金についてまとめました

スポンサーリンク

札幌のていねプールは2018年の営業はいつからいつまで?

札幌のていねプールは夏の期間だけの営業です。
毎年7月中旬から8月下旬まで営業しているので、プール開きを楽しみにしている人も多い事でしょう。
2018年の営業期間は7月14日(土)~8月26日(日)までです。
時間は9時30分~16時30分まで。

寒い時期が長い札幌だけに、8月の下旬には営業終了してしまうのでていねプールを楽しめるのは1ヵ月ちょっとの間だけです。
流れるプールや波のプールがあったり、大きなスライダー(身長制限あり)、小さな子供用のプールと大人も子供も楽しめるプールです。
札幌で夏にプールに行くにはお勧めのプールです

札幌のていねプールへの行き方は?

ていねプールの住所は
札幌市手稲区前田1条5丁目

札幌駅からJR函館本線、手稲・ほしみ・小樽行きの普通列車に乗り、稲積公園(いなづみこうえん)駅下車、というのが一番わかりやすい行き方です。
稲積公園駅からは徒歩5分なので、駅近でアクセスはとてもいいですね

地下鉄やバスを利用していく場合は、地下鉄東西線「宮の沢」から、JR北海道バス(宮49-1)で「ていねプール前」で下車すると目の前です。

駐車場もあり、車で行く場合は1日500円の駐車料金で利用することができます。

スポンサーリンク

札幌のていねプールの料金は?

利用料金は、
大人1,000円
高校生500円
小・中学生390円
65歳以上390円
となっており、回数券を利用することで割引料金で利用することができます

回数券は3枚綴りとなっており、
大人 2400円
高校生 1200円
小中学生 930円
65歳以上 930円

夏場に何回も行く場合や複数人数で行く場合は回数券をうまく利用すると、入場料金をお安く利用することができます。

ていねプールまとめ

北海道の夏は短いので、屋外プールは営業期間が短めです。
ていねプールは6つのプールに大きなスライダーのある公共施設でありながらレジャープールとなっております。
北海道の夏を思い切り楽しんでくださいね。
 

スポンサーリンク

-プール
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

杉乃井ホテルのアクアビート、子供は何歳から?赤ちゃんは?Tシャツは着れる?

杉乃井ホテルのアクアビートは大人も子供も楽しめる屋内、屋外プールとして夏休みに人気のプールです。 大人も子供も楽しめる、とはいっても、子供って何歳からなの?赤ちゃんは連れて行けるの?オムツが取れていな …

デカパトスの駐車場タイムズの料金を割引で止めることができる方法

デカパトスは神戸市にある六甲アイランドスポーツ健康施設のことです。この施設の中の夏の期間だけ運営しているプールは大人気で特に夏休みは家族連れで大賑わい。夏のお出かけの計画に入れている家族も多い事でしょ …

ジャンボ海水プールのスライダーの種類は?入場料金をお得にゲットするお勧めな裏技

スポンサーリンク ジャンボ海水浴プールは三重県にあるナガシマスパーランドの中にあるプールです。 毎年夏だけの営業で、スライダーの種類も多く、毎年多くの人でにぎわいます。 2018年は日本初上陸の超激流 …

太閤山ランドのプールの無料はいつ?コンビニで買える割引券や駐車場情報

スポンサーリンク 富山県の県民公園「太閤山ランド」は幅広い利用用途があり、さまざまな目的に応じて年齢性別問わず利用できる施設がそろっています。その中でも、夏季限定でオープンするプールは夏休みの子供たち …

東京サマーランドの駐車場や混雑は?前売り券は当日でもOK?持ち物は?

東京サマーランドは屋内プールは1年中楽しめ、夏の間だけ、屋外プールもオープンするので、プールを1日楽しむには最適なレジャー施設です。 夏の間だけの屋外プールがあるので、特に夏休みの期間中はたくさんの人 …

人気記事

まだデータがありません。